県立伊香保森林公園 シダの池

夏鳥たちも、うちの近くではペアリングを終えたらしいので、あまり囀らなくなりました。

ということで、野鳥観察で有名な伊香保森林公園のシダの池へ行きました。

夏鳥らしい、きれいなさえずりがそこかしこから聴こえます。

ところが、早朝に雨が降ったため、水を求めて池に集まる鳥たちは見当たりませんでした。

ということで、早々に撤退。。。

一応シダの池ってどんなところかあまりネット上になかったので参考までに。
shidanoike01.jpg

管理棟の方へ向かって戻っていく途中でシマリスを発見!

ちょこちょことかわいらしい動きを1mの距離で見ることができました!

ということで、今回一番の収穫はこのシマリス。(拡大なし)
shimarisu01.jpg


一応見られた野鳥ですが、遠くの木のてっぺんで囀っていたオオルリ(オス)です。
ooruri01.jpg

この場所を気にっているらしく、何時間もこの場所にいました。

その他には、アカゲラ、コゲラ、カケスくらいでした。

こんどは晴れた日に再チャレンジしたいと思います!

続きを読む

スポンサーサイト

奥日光 戦場ヶ原 2017年5月

初めての奥日光です。

いろいろな方から勧められていたので念願の奥日光です。

コースは、湯元ビジターセンター → 湯ノ湖 → 湯滝 → 泉門池 → 赤沼 でした。
龍頭の滝を目指しましたが、子供たちのトイレがもたず赤沼へ変更しました。。。

ビジターセンターの屋根の上で早速さえずりが聞こえます。

一瞬黄色と黒が見えたのでキビタキかな?

なんて思いましたが、お水大好きキセキレイでした。


途中キレイな声がたくさん聞こえるのですが、なかなか姿を見つけられず、
悶々とします。

キビタキは何とか撮影できましたがいまいち。

戦場ヶ原に入り、すぐ近くでウグイスが囀っていました。
uguisu03.jpg

男体山を背景に雄大な景色を堪能していると、原っぱの中の枯れ木のてっぺんに小さな鳥を発見。

望遠で見てもよく分かりませんでした。
とりあえずパシャリして、後で見てみるとビンズイのようでした。
お初です。

binzui01.jpg

binzui02.jpg


戦場ヶ原はトイレが少ないので、容量の少ない子供たちは特に注意が必要ですね。
大人だけの場合2Hの距離でも子供と一緒だと3Hくらいかかることがあります。
大人なら我慢できても子供達には限界みたいでした。

途中お昼も食べたし。

赤沼へ向かう途中、子供たちのトイレは限界。

そこへスズメが一羽。
もしやと思ったら案の定ニュウナイスズメでした。
こちらもお初です。

nyunaisuzume.jpg

ほぼスズメ。

地味ですねw

コマドリやノビタキも見たかったのですが、次回にとっておきます。

すごくたくさん声を聞けたので、さすが奥日光。
ポテンシャルの高さを感じました。

また行きたいと思いました。

続きを読む

高崎観音山 初ソウシチョウ

だいぶたちましたが、3月の高崎観音山バードハウスで出会った鳥たちです。

初ソウシチョウです。
すごくキレイでした。


soushicho02.jpg

クロジとオオカワラヒワ
初のオオカワラヒワでした。クロジと並んでもそん色ない大きさ。
kurojisoushicho.jpg

ガビチョウ
gabicho.jpg

バードハウスは冬季だけなので今はやってないみたいですよ。

ミヤマホオジロとルリビタキ探し

かる~く雪が舞う中、先週に引き続き、近所の公園へ。
大寒波とやらでめちゃ寒いです。。。

お目当ては、先週証拠写真程度だったミヤマホオジロとルリビタキ♂ちゃん。
♀ちゃんごめんなさいm(_ _)m

朝一は出遅れゆっくりと10時から探鳥開始。

いつもの場所へ歩いていると、頭上を素早く動き回る鳥を発見。
ウグイスです(たぶん)。
そっくりさんがいるのでMJには判別不可。(*´▽`*)
冬にはさえずらないので、冬に出会えてラッキーでした。

続いて、ヒタキ類の出没するエリアにつくと何やら鳥の影。
と、いきなりミヤマホオジロと遭遇です!
が、枝が邪魔して撮影はできず。

それでもまた出会えそうなので、スイッチを切り替えて、探鳥再開。
すると今度はルリビタキ...のメス。

そんな表情をされては撮らないわけにはいけませんな。
ルリビタキ2017011501

ルリビタキ2017011502

ルリビタキ2017011503

ルリビタキ2017011504

ルリビタキ2017011505

ルリビタキ2017011506

ルリビタキ2017011507

ルリビタキ2017011508

何だかんだで本日もルリビタキメスの撮影会になってしまいました。


そしてこちらは、かわいいルリビタキメスちゃんを目の敵のように追いかけまわしていた
ジョウビタキオスです。
ジョウビタキ-2017011501

ジョウビタキ-2017011502

何やら緑の餌をくわえています。
ジョウビタキ-2017011503


帰り際、ルリビタキメスがもの思いにふけっていました。
(私ってなんで人間のオスにしか好かれないのかしら・・・)
ルリビタキ2017011509

おまけ
ギャーギャーと騒いでいたカケス。
カケス2017011501

ということで、ミヤマホオジロはお預けとなりました。

ルリビタキに会いに

お久しぶりです。
秋を通り過ぎ、冬も冬、真冬になってしまいました。
 
冬は野鳥観察の季節です。
 
今日は、地元の公園へルリビダキ探し。
 
冬の目立ちたがり屋ジョウビタキです。
あちらへ行き、こっちへ行き楽しませてくれます。
オス、メス両方いました。
 
ジョウビタキ-2017010802

メスはオスに比べて翼の色が茶色っぽいのが特徴です。
目がぱっちりしていてカワイイです。
でも気性が荒いらしいのでお付き合いはほどほどにしたいタイプですね。
 

ジョウビタキ-2017010801

オスは無敵のムテキチに似ていますw。
(世代交代してしまいましたが、某教育番組のキャラクターでモデルはラーテルという無敵の哺乳類)
 
でもお目当てのルリビタキがいません。
ヒタキ系の鳥は低木に出てきて、ヒィ、ヒィと鳴くので、見つけやすく、また、
比較的人との距離が近く、同じところを行き来するので、野鳥撮影家にはありがたい鳥です。
ヒタキ系がいるな、と思っても大体ジョウビタキ。。。
 

さあ今日は帰ろうか、と思った矢先。




ケタケタケタ、ヒィ、ヒィと鳴くルリビタキが目の前に光臨!

ルリビタキ2017010803
残念(といっては失礼ですが。。。)メスでした。
 
それでもしばらく、あっちへ行ったり、こっちへ来たり非常に近い距離のところに
いてモデルになってくれました。
言葉では表しにくいのですが、鳥と自分とでコミュニケーションしているんですよね。
この微妙な距離(3~5m位)、無言の時間がなんとも言えず好きです。

ヒィ、ヒィと鳴いています。
ルリビタキ2017010805

メスも尾羽はしっかりとブルーです。
ルリビタキ2017010802
 
脇のイエローがきれいです。
ルリビタキ2017010804

ルリビタキ2017010801

家に帰って家族に自慢しながらカメラチェック。
ルリビダキ(メス)にジョウビタキ、カケス、、、、あとカシラダカがちらっと
写ってたかな・・・と思ったらビックリ、頭が黄色!ミヤマホオジロでしたw
油断したな~~~(><)
私は初見の鳥です。

やんちゃな頭。
ミヤマホオジロ2017010801
 
ポケモンに出てきそうな。。。
ミヤマホオジロ2017010802


赤城山まで行かないと見られないかな~と思っていたのですが、まさか
近くの公園にいたとは。。。
カシラダカと思って、近くのジョウビタキばかり狙ってた。。。orz
 
 
今週末もいってみようかな。

プロフィール

MJ

Author:MJ
野鳥好きです。
地元群馬で野鳥撮影に目覚めました。
素人装備に腕前も素人。
おまけに野鳥知識も素人レベルですw

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる