スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COOLPIX P610へ変更

EOS KISS X3から始めた野鳥撮影も、
デジスコ一代目:nikon1 V2 + VIXEN GEOMAⅡ ED52S
デジシコ二代目:SONY RX100 + VIXEN GEOMAⅡ ED52S
とデジスコ路線を歩み始めましたが、EIS KISS用のレンズ修理にキ○ムラを訪れた際に
手に取ってみて一目ぼれした超望遠ネオイチのCOOLPIX P610を購入しました。

それなりに一週間ほど悩み、比較検討し、自分に向いているなと判断しました。
デジスコの超望遠で高画質には憧れますが、いかんせん野鳥撮影において重要な
身軽さとスピードがどうしてもネックになり、悩んでいたところでした。
(野鳥撮影を初めて2か月足らずですが・・・。)


デジスコの場合、天敵は振動でした。
手振れ防止機構を持たないシステムなのでどうしても三脚+レリーズスイッチが必須でした。

その上、慣れない私には鳥を見つけてからシャッターを切るまでの時間がかかり、
鳥に逃げられてしまうことも少なくありませんでした。

さらに、さんぽ撮影が基本なので三脚を持ち歩くのは面倒ということもあり悩みの種でした。

元々超望遠のデジイチは高額なのでデジスコで安く仕上げたいという思いで始めましたが、
意外にも超望遠のネオイチという選択肢があることを後から知り、初心者にはこれだ、と思いました。

・値段も税込で4万円程度。
・光学で60倍(35mm換算で1440mm)の望遠。
・手持ちで月も撮影できる強力な手振れ防止。
・600gをきる軽さ。
・広角24mmで一台で風景から超望遠までカバーできる。

と、野鳥撮影ということだけに特化すれば申し分なしです!

光学84倍のP910とも悩みましたが、値段と重さ、焦点距離の長さなど劣る部分も多く
P610に決めました。

まだ余りいい写真が撮れていませんが、しばらくはP610一本でいってみようと思います。

カルガモ


カワウ
kawau01.jpg

カワセミ(遠い)
kawasemi03.jpg

チョウ
chocho01.jpg

カワセミ以外はノートリミングです。

(*'ω'*)ポチッとお願いします。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MJ

Author:MJ
野鳥好きです。
地元群馬で野鳥撮影に目覚めました。
素人装備に腕前も素人。
おまけに野鳥知識も素人レベルですw

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。