スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フォーカス・リーディング」 寺田 昌嗣 (16冊)

フォーカスリーディング
フォトリーディングの講座を受講してから、本屋やインターネットなどいろいろと本を探すことが習慣となっています。
そんな中でたまたま引っかかってアマゾンで購入した本です。
「フォーカス・リーディング」 寺田昌嗣著
フォトリとかなり近いタイトルにフックが掛かりました。
さらに、サブタイトルの”1冊10分のスピードで、10倍の成果を出す「いいとこどり」読書術”にも惹かれて、受験期間中ですぐ読めないことは分かっていましたが、とりあえず買っておいた本です。

目的を、フォトリとの違いは何か?、今の読書をさらに効果的にする活用方法は?ということにしてフォーカス・リーディングをフォトリーディングしました(笑)。

結論から言うと、かなり似ています。
考え方が近いので、どちらかの講座を受講された方ならば、同じことをいっているなということは分かると思います。
ただ、フォトリのいわゆるフォトリ(ホールマインドシステムのSTEP3)の部分がなく、明らかに潜在意識、全脳を使うという部分は否定的な書かれ方をされています。
ダメというのではなく、誰でもできるものではないので・・・というニュアンスですが、そこは一線を画しています。

内容としては、読書の考え方をシフトする(←MJもこれが一番大事と思っています)ことから始まり、具体的なトレーニングもいくつかあり、実践できれば速読は可能と思います。

もう一つMJが大事なことと思うのは、本当にできる、ということを信じることです。
だまされたと思っても”やるか”、”やらないか”の違いがそのまま速読ができるか、できないかにつながっていると思います。
つまり”実践できるかどうか”は、信じられるかどうかだと思っています。

本を読んだだけで信じられるのか、それとも講座に参加する必要があるのか。
人によってハードルが違うと思いますが、だまされやすい、又は信じ込みやすい人以外は、講座へ参加して疑問に思っていることをぶつけてみるのが一番でしょう。
自分もそうですが、なかなか分かっていても行動に移せないという人は多いはずです。
内容としては、本の中身で十分ですが、本書にもある”知行合一”に至り、自分にとっての効果を得るには、講座が必要な人は多いのではと想像できます。

フォトリ信者には、潜在意識など多少批判的なことも書かれていますが(本書の中にはフォトリ自体は何一つでてきませんがw)、フォトリ講座で多少技術的なことが不足していると感じた方は、この本を読んでみる価値はあると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MJ

Author:MJ
野鳥好きです。
地元群馬で野鳥撮影に目覚めました。
素人装備に腕前も素人。
おまけに野鳥知識も素人レベルですw

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。