スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事でマインドマップを使うことでの効果は?

mindmap効果

仕事でマインドマップを使うことでの効果は?と聞かれました。

いろいろありますよね。

だけど、答えるときにちょっと困りました。
相手がマインドマップのことをほとんど知らないこともその原因の一つかもしれません。
脳の仕組みや、イメージ、カラーの効果などなど。
時間があり一つ一つ説明していけば、ある程度伝えられたかもしれません。

それでも難しいと感じたことは、他の人との共有化ツールとしての活用方法。
それができると強力なビジネスツールになることに違いない。

基礎講座受講生では、まだ答えを見出せないのか・・・。
スポンサーサイト

「中小企業白書2007年度版・・第2部 」  (18-19日/60日 5冊)

白書2部

中小企業白書の第2部です。

[感想・内容]
第2部は地域がテーマ。
厳しい現状と今後の方向性について見出しています。

地域資源を活かし差別化していけると、中小企業も高収益体質につながる。
業態によりそれぞれ問題を持つが、共通して資金調達に問題を抱えていると言える。
小売業については、大型店舗化が進む環境の中かなり厳しい状況である。
今後は、高齢者向けのニーズや民官連携など新たな取り組みにより、
環境に柔軟に対応していく必要がある。

<Key words>
・地域
・資源
・連携
・資金調達
・高齢者向け
・小売・・・販売減、業態スーパー増/専門減、規模増
・民官連携

カラー筆ペン購入

筆日和

佐貴子先生もカラー筆ペンを使用されていましたが、MJもネットで購入してみました。
マインドマップ用としてかなり重宝しています!

先に投稿した中小企業白書1はその第1作目になります。
発色もよくなかなか書きやすいです。

一応ご紹介。
「筆日和」 呉竹製
12本セットで900円せずに買えましたが、送料込みだと1,600円くらいになってましたw。

色によって書きやすさが違うので、さらに色を加えて書きやすい色で揃えたい感じです。

「中小企業白書2007年度版・・第1部 」  (14-16日/60日 5冊)

hakusho01

中小企業白書の第1部です。
ここは中小で必ず出題される箇所ではないでしょうか。

[感想]
2年前の受験の時には白書を使わなかったため、ちょっと新鮮です。
テキストでは見ていましたが、カラーじゃなかったので印象も違いますし、内容も結構楽しいもんなんですね。

開廃業率については、以前に学んだときと状況は変わらず。
中小企業にとっては厳しい環境の中、業種、規模によっては伸びている企業も存在する。
特に小規模企業の開業、雇用拡大は、日本の景気回復に寄与している。
しかし、中小企業にとって後継者不足による事業承継が課題となっている。
また、拡大志向の小規模企業にとっては、技術系の人材確保、資金調達が大きな課題となっている。

<Key words>
・開廃業率
・雇用
・創業
・人材
・資金調達
・新陳代謝
・不自然
・後継者
・小規模
・ニッチ市場

テーマ : 診断士受験日記
ジャンル : 学校・教育

「試験対応 らくらくミクロ経済学入門・・・後半 」茂木 喜久雄  (6,7日/60日 4冊)

経済ミクロ2

ようやく診断士テキスト系が登場できました。

マインドマップにまとめるてると欲が出ていろいろと描きたくなっちゃうんですよね(><)

そこそこに抑えて全体を把握すべきなんだけど・・・
これ一度勉強しているから全体は分かってるつもり・・・
などと雑念があり結構な時間をかけてしまいました。

[感想]
2年前の某予備校テキストよりは分かりやすい気がします。
結構グラフとかごちゃ混ぜになるので、ミクロ前半も見直しが必要と感じています。
前半に比べれば数段スピードが上がった気がします!(アファアファ

<Key words>
・完全競争
・調整・・・ワルラス、マーシャル、くもの巣
・余剰
・独占、寡占
・市場の失敗・・・公共財、外部不経済、費用逓減、不完全
・国際貿易

「なぜ仕事ができる人は残業をしないのか?」夏川賀央 (5,6日/60日 3冊)

shigotogadekiruhito

2冊目と同時進行で、診断士テキストの経済学をフォトリしていますが、
テキスト系はやはりまとめるのが大変でした。
といことで、後ほど。

一応3冊目ということで、昨日の夕方、図書館で借りてきた本をやっつけました。
たぶんトータル1.5h位に収まりました。
かなり寄り道して深入りしてたので、普通読みに近かったかもしれません。

[感想]
なんとなく分かってはいるけど、実行できないことって多いです。
その原因は本当に腹の底から信じていないからかもしれません。
第3者的に、そのことを言われると信憑性が高まったりします。
この本で言われている「できる人」のエッセンスを自身の仕事に取り入れていきたいと思いました。
<Key words>
・仕事は自分のもの・・・拘束されている認識を改める
・モチベーション・・・「○○となりたい」と願う欲求はエネルギー
・Achievement・・・結果ではなく成果で判断する

ピヨピヨタイマー購入

piyo

佐貴子先生おすすめのピヨピヨタイマーが届きました。

「ピヨッピヨッ」と優しく時間を知らせてくれるので、ストレスになりません。
これからはタイマーを使って時間も気にしてみたいと思います。

「海馬 脳は疲れない」池谷祐二、糸井重里 対象外

kaiba01


2冊目で「海馬」の第4章をフォトリーでよみました。
もともと途中まで読んでいましたので、全体をマインドマップでまとめました。

相変わらず、脳への興味がつきません。
池谷祐二さんリスペクトです

「海馬 脳は疲れない」池谷祐二、糸井重里(2,3日/60日 2冊)

kaiba02

2冊目は、池谷祐二さん糸井重里さんによる対話形式の「海馬 脳は疲れない」です。
糸井さんの豊富な視点から、池谷さんの深い知識が刺激されまくり?な感じが出ています。

やりすぎが天才をつくる。
天才の脳ってどうなっているのか・・・非常に興味あるところです。
手塚治虫さん、宮崎駿さんなど、本当にやりすぎることで脳神経細胞の"つながり"がすごいことになっているんでしょうね。

茂木健一郎さんの本にもありましたが、一歩一歩小さな目標を達成していくことでやる気を維持できる。
やる気をでるとまたやる。
このよいスパイラルがどんどんと人を向上させるんですね。

「頭の自己変革」トニー・ブザン(1日/60日 1冊)

photoreading001

フォトリーディング講座卒業後1冊目(1日/60日 1冊)

講座中にフォトリーディングしたトニー・ブザン氏の「頭の自己変革」。
目的と質問を変えてフォトリーディングしました。
明日活性化の予定。
やはり1作目はトニー・ブザン氏と決めていました。
プロフィール

MJ

Author:MJ
野鳥好きです。
地元群馬で野鳥撮影に目覚めました。
素人装備に腕前も素人。
おまけに野鳥知識も素人レベルですw

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。