スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミヤマホオジロとルリビタキ探し

かる~く雪が舞う中、先週に引き続き、近所の公園へ。
大寒波とやらでめちゃ寒いです。。。

お目当ては、先週証拠写真程度だったミヤマホオジロとルリビタキ♂ちゃん。
♀ちゃんごめんなさいm(_ _)m

朝一は出遅れゆっくりと10時から探鳥開始。

いつもの場所へ歩いていると、頭上を素早く動き回る鳥を発見。
ウグイスです(たぶん)。
そっくりさんがいるのでMJには判別不可。(*´▽`*)
冬にはさえずらないので、冬に出会えてラッキーでした。

続いて、ヒタキ類の出没するエリアにつくと何やら鳥の影。
と、いきなりミヤマホオジロと遭遇です!
が、枝が邪魔して撮影はできず。

それでもまた出会えそうなので、スイッチを切り替えて、探鳥再開。
すると今度はルリビタキ...のメス。

そんな表情をされては撮らないわけにはいけませんな。
ルリビタキ2017011501

ルリビタキ2017011502

ルリビタキ2017011503

ルリビタキ2017011504

ルリビタキ2017011505

ルリビタキ2017011506

ルリビタキ2017011507

ルリビタキ2017011508

何だかんだで本日もルリビタキメスの撮影会になってしまいました。


そしてこちらは、かわいいルリビタキメスちゃんを目の敵のように追いかけまわしていた
ジョウビタキオスです。
ジョウビタキ-2017011501

ジョウビタキ-2017011502

何やら緑の餌をくわえています。
ジョウビタキ-2017011503


帰り際、ルリビタキメスがもの思いにふけっていました。
(私ってなんで人間のオスにしか好かれないのかしら・・・)
ルリビタキ2017011509

おまけ
ギャーギャーと騒いでいたカケス。
カケス2017011501

ということで、ミヤマホオジロはお預けとなりました。

スポンサーサイト

ルリビタキに会いに

お久しぶりです。
秋を通り過ぎ、冬も冬、真冬になってしまいました。
 
冬は野鳥観察の季節です。
 
今日は、地元の公園へルリビダキ探し。
 
冬の目立ちたがり屋ジョウビタキです。
あちらへ行き、こっちへ行き楽しませてくれます。
オス、メス両方いました。
 
ジョウビタキ-2017010802

メスはオスに比べて翼の色が茶色っぽいのが特徴です。
目がぱっちりしていてカワイイです。
でも気性が荒いらしいのでお付き合いはほどほどにしたいタイプですね。
 

ジョウビタキ-2017010801

オスは無敵のムテキチに似ていますw。
(世代交代してしまいましたが、某教育番組のキャラクターでモデルはラーテルという無敵の哺乳類)
 
でもお目当てのルリビタキがいません。
ヒタキ系の鳥は低木に出てきて、ヒィ、ヒィと鳴くので、見つけやすく、また、
比較的人との距離が近く、同じところを行き来するので、野鳥撮影家にはありがたい鳥です。
ヒタキ系がいるな、と思っても大体ジョウビタキ。。。
 

さあ今日は帰ろうか、と思った矢先。




ケタケタケタ、ヒィ、ヒィと鳴くルリビタキが目の前に光臨!

ルリビタキ2017010803
残念(といっては失礼ですが。。。)メスでした。
 
それでもしばらく、あっちへ行ったり、こっちへ来たり非常に近い距離のところに
いてモデルになってくれました。
言葉では表しにくいのですが、鳥と自分とでコミュニケーションしているんですよね。
この微妙な距離(3~5m位)、無言の時間がなんとも言えず好きです。

ヒィ、ヒィと鳴いています。
ルリビタキ2017010805

メスも尾羽はしっかりとブルーです。
ルリビタキ2017010802
 
脇のイエローがきれいです。
ルリビタキ2017010804

ルリビタキ2017010801

家に帰って家族に自慢しながらカメラチェック。
ルリビダキ(メス)にジョウビタキ、カケス、、、、あとカシラダカがちらっと
写ってたかな・・・と思ったらビックリ、頭が黄色!ミヤマホオジロでしたw
油断したな~~~(><)
私は初見の鳥です。

やんちゃな頭。
ミヤマホオジロ2017010801
 
ポケモンに出てきそうな。。。
ミヤマホオジロ2017010802


赤城山まで行かないと見られないかな~と思っていたのですが、まさか
近くの公園にいたとは。。。
カシラダカと思って、近くのジョウビタキばかり狙ってた。。。orz
 
 
今週末もいってみようかな。

アカショウビンを訪ねて 小根山森林公園

過去のアカショウビン目撃情報から薄〜い可能性にかけて梅雨の小根山森林公園を散策。

冬の小根山では、アトリやベニマシコ、ヤマガラ、シジュウカラなどが見られてなかなかの野鳥スポットですが、夏はどうでしょう。


梅雨の晴れ間、大量の奴らにやられました…>_<…

ヤマビルです。

ウヨウヨいます。

見た目はナメクジと尺取り虫を足した感じで
キモさは10倍位。

体の前後に強力な吸盤があり、靴底などから
平気でドンドン上がってきます。

しかも、ナメクジとかと比べ物にならないくらい
動きが早く、とってもとっても気づかないうちに
またいるー!?という、ほんとヤダ。

気持ち悪い体をつまみ、剥がそうとしても
結構な吸引力でなかなかの剥がれません。
ほんとヤダ。

MJも6箇所噛まれてました。

といのも、噛まれてる時は気付かず、
気付いた時には血が止まらないという
何とも恐ろしい。。。
ほんとヤダ。

子供も噛まれ、鳥は一羽も見ずに撤収。

こんな時に何で短い靴下履いて行ったんだろうと
大分後悔して帰路へ。


帰りの高速を運転中、恐怖はまだ終わってませんでした。

ズボンが血だらけ。

血の気が引きました。

奴がズボンの裾からふくらはぎの方まで
這い上がって食事してましたよ。

1時間近く吸われてたってことでしょうか。

半分パニックになりながら、とりあえず
SAへ逃げ込み、ようやくヤツとお別れできました。


ズボンは血だらけで車から降りられません(-。-;

それから血が止まらないまま5時間。


山は装備が大切です。
ヒルノックとか対策グッズがあるようなので、
この時期山へ出かける方は、ご活用下さい。

アカショウビンのメッカ戸隠森林植物園へ

今回は念願であったアカショウビンのメッカ、戸隠森林植物園へ。
家族旅行が野鳥探索になってきました。^^;

今年はアカショウビンが来ていないらしい、、、との事前情報でしたが、それでも今日は来てるのでは、と淡い期待を胸に挑んできました。


森林植物園→鏡池
午後からでしたが、とりあえず鏡池まで歩いてみました。

ゴジュウカラ(初)
gojukara01.jpg

コガラ(初)
kogara01.jpg

モズ
mozu02.jpg

ヒガラ(初)
higara01.jpg

アカゲラのつがい
akagera02.jpg

キビタキ オス(写真撮影は初)
kibitaki02.jpg

kibitaki03.jpg


森林植物園参道→奥社
翌朝4時30分に起きて一人で散策。
ボツボツ人もいますがまだ野鳥のさえずりでいっぱいの園内はすごく神秘的でした。

キビタキ オス
kibitaki04.jpg

ミソサザイ(初)
misosazai01.jpg

misosazai02.jpg

misosazai03.jpg

アオジ ・・・じゃなく、ノジコですかね(^^;)
aoji01.jpg

ミソサザイは本当に2mの距離でずっとさえずり♪
全然逃げないのでこちらが退散しました。

今回NIKON COOLPIX P610 一本だったので奥社までの上りもサクサク上れました。
スマホをみたら半日+半日で27,000歩も歩いていました。
足で稼ぐのがこのカメラの強みでしょうか。

アカショウビンには会えず仕舞いでしたが、初モノのとりさんにたくさん出会えた充実した戸隠でした。


(*'ω'*)よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

初サンコウチョウ

桐生某所。
野鳥撮影を始めて約1年、ホイホイホイの声は聞くのですが、なかなか姿を捉えることができませんでした。

が、とうとう出会えましたヽ(;▽;)ノ
なんと南国風な風貌なんでしょう。
噂通り薄暗い森の上の方をひらひらと尾羽をゆらしていったりきたり。



このあとに、目の前の池で水浴びまでしてくれてじっくり見られました。
ただ枝かぶりで写真はボツでしたが。。。

sankocho02.jpg

保育園の子供たちが近くでわいわいやっていましたが意外と逃げないんですね。
ヒタキ類だからでしょうか。ジョウビタキやルリビタキと同じくらいの距離感でした。
いやはや見ごたえがありました。

(*'ω'*)よかったらポチッとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

MJ

Author:MJ
野鳥好きです。
地元群馬で野鳥撮影に目覚めました。
素人装備に腕前も素人。
おまけに野鳥知識も素人レベルですw

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。